鳥取へ戻ってから反省と対策、そして今後の行動について熱を出しながら考えたことをブログにしてみようと思いました。 少し長くなるかもしれないので、興味のある方のみ見ていただければと思います。 夏コミでは本当に凹みました。 何がって?自分の愛のなさですw 正直題材にしたしぶりんには土下座ものです。いや本当に・・・。 コミケでゲットしたお宝を見まくりましたが、結論として、「愛」です。これに尽きるかと。 では、しぶりんは好きでもないのに描いたのか?「No」モバマスではセンターに入れてるクールPです。 今回で凄くわかったことは、普段「マサムー」ではエロのイメージで描いてない。また、どこかで抵抗がある。 エロに対して抵抗があるのではなく、「マサムー」というペンネームでR18ものを描くことに違和感がある。 コレなのかもしれないですね。エロ絵は描きたくないのではないのです。むしろいっぱい描きたいと思ってる。 もう一つの原因、百合好き。にも関わらず、そっちを全面に出して行こうとしてた矢先でコレですから。迷いがあったのは間違いないでしょう。 今までですと、振り返ったり、適当な反省しかしなかったのですが、今回ばかりはちゃんと向き合わないと、作品を手にとってくれた皆様に対し、原作キャラに本当に失礼だと思いました。 どこかで気持ちの切り替えをしないと表現できない。僕はそういう人間である。そう気づきました。 話は飛びますが、一昨年、体調を崩し、全身に発疹がでて寝付けない状況が続きました。原因は「ストレス」でしたw これについては詳しく語る必要は無いと思いますが、一つ言えたことは妄想することが出来なくなる状況でした(ヽ´ω`) 妄想することが出来ないということは二次創作意欲が極端に減ってしまい、絵を描くことが苦痛でしかなくなってしまってたんです。 コレによってご迷惑をお掛けした方もいらっしゃいました。本当に申し訳ないと思います。 では今回なぜR18にしたのか、それは描けるイメージが持てたことでした。割りと真面目にそう思ってました。実際描けましたが、そこには上記にあるように、「愛」がなかった。 R18作品に愛? あると思いますw しぶりんのイメージって◯交とかどこかのプロダクションのお偉いさんと枕営業的なことがあったので、違ったものに、純粋にPとッて思ったのですが。 「そもそもR18に前振りはほとんど必要ない」←コレw 合ってるのかわからないけど、R18作品は別名義で、一般向けとはかけ離れた作品を作ってる方を見ると、やっぱり分ける理由があるのわかる気がします。 もちろん一般向けに影響が出ないようにするためもだし、自分の性癖を全面に出すことになるR18は素性を知られたくないと思う言わば裏の顔といってもいいのかもしれないです。 今回の夏コミでそのことを強烈に印象づけられて感じがしました。 結論として、「マサムー」というペンネームではエロ漫画は描かないとします。百合エロは描くかもしれないけどww R18は別名義を一応持ってるのでそちらで活動しようかと思います。 今回出した「甘×甘しぶりん」は後編を出すのではなく、再編して「甘×甘しぶりん」を出すことにします。前編をご購入下さった方は再編版を無料で差し上げる対応を取らせていただこうと思います。 頒布する際は一応「Project-11」のスペースにて行いますが、作家名、サークル名は別名義になりますので、ご了承下さい。 これからもたくさん悩んで凹んで一歩ずつ進んで行こうと思います。 それですね! 冬コミは「あずにゃん本」出します!あとC87出だす予定だった「一色十色」の漫画も出したいと思います。 テーマは「愛」です! いやいやwwwwくせーし!!!と思ってもらってOK! コミケ会場に来てくれた方でずっと前からあずにゃんの作品を楽しみにしてくれてる方がいらっしゃいます。 それが複数人・・・。物凄く僕の心を揺さぶってくれました。あの方々との会話がなければこの反省もなかったかもしれない。 コミケでテンションMAXに持っていけるようやっていこうと思います! C89